早期発見の乳ガンはホルモン剤で治療することができる?

ホルモン剤で早期発見の乳ガンを治すことができるのか!?ホルモン剤の効果とは? - 早期発見の乳ガンはホルモン剤で治療することができる?

早期発見の乳ガンはホルモン剤で治療することができる?

yjtjdt
本記事では、乳ガンにおけるホルモン剤の立ち位置と、乳がんを引き起こすさまざまな要因などについてご紹介いたします。

「抗エストロゲン剤」は世界中で乳ガンの治療にもちいられている標準的なホルモン剤です。

乳ガンに有効なホルモン剤として、「抗エストロゲン剤」というものが存在します。
「抗エストロゲン剤」は世界中で広く乳がんの治療にもちいられており、乳ガンに対してもちいられるホルモン剤のなかでももっとも標準的な立ち位置の薬です。
乳がんの増殖を促してしまうエストロゲンが、エストロゲンの受容体に結合することを意図的に妨げることで、ホルモン依存性の乳ガンが増殖することを防いでくれます。
同時に、多くの臨床試験において、乳がんの縮小効果と再発抑制効果が確認されてもいます。

ステージ1における10年間の生存率は90%以上なので、乳ガンは早期発見できれば治る病気と言えます。

乳ガンによって死亡する女性は年々増加しているものの、ステージ1における10年間の生存率は90%以上を達成しています。
ですから、乳ガンは早期発見が実現できればほぼ確実に治療できる病気です。
早期発見をおこなうためには、定期診断を欠かさずにおこなうことや、違和感を感じた時に初期症状をチェックするようにこころがけることが大切です。

エストロゲンの濃度が過剰に高まると乳ガンの発症リスクが高まります。

乳ガンの発症リスクは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの濃度が過剰に高まることで上昇します。
特に、エストロゲンの増加をうながすホルモン剤やサプリメント、ピルなどの薬剤を摂取することが乳がんにつながります。

エストロゲンが人よりも分泌されやすい方は乳ガンにかかりやすい人なので注意しましょう。

さまざまな身体の要因から、エストロゲンが過剰に生成されがちな人は、乳ガンにかかりやすい人と言えます。
例えば、初潮がはやすぎる方や、閉経が遅すぎる方は、人よりもエストロゲンが分泌されている期間が長いので注意が必要です。
また、エストロゲンは脂肪細胞からも生成されるものなので、毎日の食生活において、高脂肪の食品を多く摂取している場合、乳ガンになりやすい体質になってしまいかねません。

40代後半の女性がもっとも多く乳ガンにかかっています。

乳ガンが発症してしまう方は、40代後半の女性が多いです。
厳密に申しますと、その発症人数は30代から増加がはじまって、40代後半をピークにして、50代半ばあたりから人数が減少していきます。
40代後半の女性の方は、初期症状や体調の変化に注意することをおすすめします。

大豆の摂取量が多い人ほど乳ガンに発症している人は少なくなっています。

閉経後の女性にかんして、厚生労働省の研究班が調査をおこなった結果、大豆の摂取量が高い人ほど乳ガンのリスクが低下するという統計があらわれています。
まだ研究中ではあるものの、大豆に含まれているエストロゲンと似た構造をもったイソフラボンにその秘密があると言われているものです。
具体的には、エストロゲンの代わりに、イソフラボンが乳腺細胞のエストロゲン受容体と結合することによって、エストロゲンが乳ガンにはたらきかける効果が減少するとみられています。
早期発見さえできれば、「抗エストロゲン剤」などを利用することで、乳ガンは確実に治療できる病気です。
ですから、身体に異常を感じた際には、すみやかに検査を受けることをおすすめします。

ホルモン剤通販 オススメ

ホルモン剤の通販
ホルモン剤の通販・個人輸入業者を徹底比較[http://www.okusurizukan.info/]