風俗店によって違う雇用形態について確認をしてみましょう

風俗店によって違う雇用形態について確認をしてみましょう

よく、風俗求人を見ているとその中には社会保険完備や社会保険ありというような記述をみることができると思います。

実際、風俗店側からそう言った社会保険への加入負担などをしているところもあるようなのですが、基本的には風俗嬢というのは個人事業主の扱いになっていることが多いです。

つまり、会社員ではなくアルバイトのような形になっていることが多いので社会保障がつかないことのほうが多いんですね。

雇用体系の違い

風俗嬢というのは、会社側が雇用するのではなく風俗店が風俗嬢に仕事を斡旋しているという形式が多いんですね。

特に、この形態はデリヘルなどに多い形になっています。

だから、基本的に風俗嬢でアルバイトをする際には雇用保険が利かないことが多いですし保険も国民健康保険などに自分で加入するというケースがとても多いです。

年金も国民年金加入になるケースが多いので、各自支払は自分が稼いだ給料の中でやらなくてはいけないことがほとんどです。

社会保障完備の風俗求人について

これに関しては、風俗店によってどういう形態をとっているかによって変わってくるので必ず面接の際に細かく質問をしましょう。

風俗店によっては、雇用するという形で社会保険への加入負担をしてくれるところもあるにはあるのですが、かなり少ないですからね。

ほかにも、色んな形で形式だけ社員にしたりだということをしているのかもしれませんがそこは店舗によってケースバイケースです。

【風俗店の社会保障はどうなっているのか】のまとめ

風俗業というのは社会保障が基本的には利かない制度の雇用形態だと思ったほうがいいですね。

なので、風俗嬢のキャストとしてお仕事をする際にはそう言った社会保障などは自分でやらなくてはいけないことを覚えておきましょう。

関連記事

いわゆる良い風俗店の特徴をまとめてみました

いわゆる良い風俗店の特徴をまとめてみました

今の風俗求人サイトは検索機能を充実しているので探しやすいです

今の風俗求人サイトは検索機能を充実しているので探しやすいです

大学生で新宿風俗の求人を検索されている方へ

大学生で新宿風俗の求人を検索されている方へ

新宿の風俗嬢給料事情を求人サイトで確認をしてみました

新宿の風俗嬢給料事情を求人サイトで確認をしてみました

風俗嬢のお仕事をされている女性によるお話です

風俗嬢のお仕事をされている女性によるお話です